肌のプロ

ひとりひとりに合ったスキンケアのアドバイスをしてくれる職業

フェイシャルセラピスト

フェイシャルセラピストとは、顔に傷を持っている人にメイクを行うセラピストです。

メイクはおしゃれのためだけではなく、病気やケガなどで顔に傷やあざを持っている人に対して、メイクをすることにより自分に自信を持つようになり、今まで外に出られなかった人の社会復帰の手助けや、心の傷をも癒したりする効果があると言われています。

これを「リハビリメイク」と呼び、医療関係では近年注目を浴びている療法です。リハビリメイクの提唱者であり、フェイシャルセラピストでもある、かづきれいこさんはとても有名な人です。

かづきれいこさんが理事長となっているNPO法人フェイシャルセラピスト協会では、老人ホームや病院などに訪れ、メイクボランティアを行う活動も実施しています。

講習会に参加することで、「メイクボランティア認定証」を取得できるので、メイクボランティアに参加する学生も多いようです。

高齢者がメイクを行うことは、認知症の予防にもつながるとされています。女性にとって顔はとても大切なものであり、顔がキレイになると性格もポジティブになったり、笑顔も増えるものです。

フェィシャルセラピストになるには、メイクのテクニックだけではなく、女性の心と向き合い癒しを与える、カウンセリング的な能力も必要になるでしょう。

スキンケアスタイリスト

スキンケアスタイリストとは、お客さんの肌の悩みなどを聞いて、それぞれに合ったスキンケアのアドバイスを行う仕事です。

雑誌や化粧品売り場などでは、化粧品メーカー側の意見や取り扱い説明文によって、化粧品をすすめるのが一般的であり、 個人の肌の状態に対して、本当に親身になって対応してくれることはそれほど多くありません。

スキンケアスタイリストは、化粧品を売るためのアドバイスではなく、お客さんに親身になって、スキンケアの仕方や肌の悩みへの対処方法をアドバイスしたり、肌に合ったメイクや洗顔料などを選ぶお手伝いをします。

健康で美しい素肌を保つためには、人それぞれにスキンケア方法が違い、肌のトラブルがある人はとくに化粧品を過剰に与えようとせず、肌が本来持っている働きを促すことが大切になります。

スキンケアスタイリストの職場には、カウンセリングサロンや化粧品メーカーなどがあります。この職業に求められる人は、美容やスキンケアに興味があり、人を美しくしたいという気持ちを持つ方や、親身になってお客さんの話を聞ける方が向いているでしょう。

スキンケアスタイリストの開くホームページなどもあり、メールでの相談を行う仕事をしている方もいます。